色々ありますね!

生きてると、なかなか安穏な時がないです!
次々、思いもよらね事が起こるものです。
オットォ〜のすぐ上の兄にがんが見つかりました。
東京に住んでいること、長兄の相続に関するいちゃもんに、真っ向から戦ってくれている兄です。
オットォーも2歳上の兄東京に一番関わりも深いようです。
私も、色々な問題で、深い関わりがあって、この兄には思い入れも深いです。

肺癌ステージ3A.これはCTデーターなどを見たオットォ〜の診断で、まだ正式には告知されてないそうですが‥
いやー、何はともあれ心配です!

人は或る日突然、奈落に突き落とされる日が来るかもしれないです、義兄も五月の連休明けに献身の結果から分かりました。
来週から6週の入院、放射線と抗癌剤治療が始まります。

最後に会った10日前、かなり悲観的になっていて、余命宣告されたわけでは無いのに、勝手に余命一年とかいってました。
かなり実績のある病院の呼吸器外科にかかることになり、少しは闘病意欲も高まってきたようです。

他人事じゃ無いです!
癌宣告、余命宣告されたら、私はどうなるんだろうと考えてしまいました。
冷静でいたい、達観して暮らしていきたいとは思うのですが、
そんな自分で居られるかまったく自信はありません。

兄の闘病の成果が良い結果になりますように、今は祈るしかないようです。

d0354191_20074227.jpeg

自然の営みは、続いていきます、こちらの事情に斟酌することなく‥‥てん

Commented by NISSAN at 2018-06-06 03:54 x
こんばんは。NISSANです。
 生きている者には必ず「死」は訪れます。そして、明日はどうなるか?、これも(未来)予測できません。
 だから私は生きているうちに、そして元気で自由に動けるうちに「やりたいこと」をやっておきたい、と考えています(これは今健康だから言えるのかも?知れません)。
 信頼され、慕われておられるお義兄様の生きる力、生命力を信じ、快復されることを願ってやみません。
 
 私、不思議に思うのです。癌ってその人の細胞の「突然変異」ですよね。何故、自分の身体を自分が「攻撃」するのか!?。
 私は父を癌で亡くしています。家族に優しく勤勉な父でした。もう33年前になりますが、「神様」はいないと私が考えた瞬間(時)でした。
 私はいつも生命の不思議を感じるとともに、今は自分に何かがあった時はこれも「運命(試練)」として「受け入れる」つもりでいます。ですので、「告知」を希望しています(あまりにも勝手な書き込みですが、これも健康な今だから言えるのかも知れませんが、、、)。

 繰り返しになりますが、遠い地より素晴らしいお義兄様のご快復を切に願っております。
Commented by bluebird-redbird at 2018-06-06 11:22
今は本人の意志に関わらず、告知はなされます。治療、手術等の選択に病状を理解した上で承諾しなければならないからです。

今は癌だからと言って、諦めないで、
闘い、治癒を目指すべきだと思いますが、
積極的な闘病精神を持つまで、時間がかかるものなんですね!
それが人間の弱さであり強さかもしれませんね!

by bluebird-redbird | 2018-06-05 19:48 | 60代シニア日記 | Comments(2)

日々の日記のようなものと64年生きてきた人生の振り返りのようなもの byゆかぷー


by ゆかぷー
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る