芸能人の訃報が続きますね!

西城秀樹、星由里子、朝丘雪路‥‥訃報が続きますね。

西城秀樹、野口五郎、郷ひろみ、新御三家といって、華々しくアイドルしてたのは、ちょうど私の大学時代頃からかな、それほどのファンではなかったけど、ヒット曲は口をついて出てきます。
寺内貫太郎とか、ドラマに出ていたのも良く覚えています。
2度も脳梗塞で倒れてからも、リハビリ頑張り最期まで歌い続けていましたよね!

星由里子は私の高校時代、ホテルニュージャパンの御曹司と結婚、私の学校の母体となる教会で式を挙げ、田園調布に新居を構えたので、その素敵な豪邸を見に行きました。わざわざじゃなく通学途中だったから‥‥
映画もテレビも活躍してましたよね、直近では沢田靖子の科捜研の女にも母親役で出演していましたね。
美しい女優さんでした。

朝丘雪路、あのお嬢さんの誘拐事件もタイムリーに覚えています、11pmにも大橋巨泉と出てましたし、女優さんとしても唄も踊りも素晴らしかったです。
伊東深水に溺愛されて育ち、いくつになっても世間知らずのところが愛くるしい方でした。

訃報は嫌ですね、人は必ず死を迎えるのは分かっていても辛いですね、私が育ってきた時代に輝いていた方々が亡くなる、
もう自分の時代が終わったような灌漑にどっぷり浸かります。
いつ自分の番か、なんて思うと寂しさが募ります。

朝丘雪路さんの旦那さん津川雅彦さんが、「自分より先に逝ってくれたことも感謝です。」と言われた言葉が心に刺さりました。
ああいう純粋だけど、生活の術を知らない人は残せないということでしょうかね、

私もそうかもしれない、別れてしまいたいほど、愛情なんてどこいったか分からないようなオットォーでも、彼を残して逝ったら、さてさて、どうなるんだろうと心配になります。
とにかく、自分の仕事以外全くできない人ですから。

家計管理も、年金手続きも、税金の申告も他何でも
すべて私です、どこの銀行にどれだけ預金があるか(ほぼないけどね)など何も知りません。
冷凍庫にその日食べる用に買ってきた惣菜を入れ、ゼブンのくじ引きで当たったアイスクリームを冷蔵庫に入れ、ベーコンを野菜室に入れるような人です。アハハ‥‥です。

昭和は遠くなっていき、平成も来年まで、
あ〜〜〜〜、時代はどんどん変わっていく、取り残されそうな漠然とした不安に包まれた出来事でした。

d0354191_18315053.jpeg
お散歩してきた南池袋公園、都会にもオアシスは多いです!




Commented by NISSAN at 2018-05-21 21:23 x
こんばんは。NISSANです。
 訃報が続きます。西城秀樹さんは享年63歳の若さでした。
48歳で最初に脳梗塞を患われてずっと闘病生活し、復活を目指されていましたね。

 先日、お隣さんと「カラオケ」に入った時、追悼ってことで「傷だらけのローラ」を歌いました(関係ないですね!)。

 オットォーさん、ゆかぷーさんがもしも(考えたくはありませんが!)のことがあったら、な~んにもできん!と思います。

 でもね、生きている間、一生懸命、妻、母、おばあちゃんをこなしているのですから、ご自分が天国へ行かれてまで現世の心配なしなくて良いのではないでしょうか!。

 っと、私は考えています。

 今を懸命に生きましょう!!!。
Commented by bluebird-redbird at 2018-05-22 17:10
ハハハ‥‥!
私が心配なのはオットォーの事ではなく、何もできない父親を残された子供達の事なんです。
大変だろうなぁ〜〜と思っちゃいます。

西城さん、1日3箱も吸うヘビースモカーだったんですって、倒れてからも吸い続けていたらしいです。
何事も依存症って、厄介ですね!
by bluebird-redbird | 2018-05-21 17:58 | 60代シニア日記 | Comments(2)

日々の日記のようなものと64年生きてきた人生の振り返りのようなもの byゆかぷー


by ゆかぷー
プロフィールを見る
画像一覧