天使たち

私には3人の孫がいます。すべて男の子です。
長男の子二人は2歳ともうすぐ1歳、青森県に住んでいるのでなかなか会えませんが、お盆、お正月、春休みなどに帰って来て、その度に見違えるように成長し、そのやんちゃ振りに拍手喝さいをするバアバであります。

次男は近くに住んでいて、1歳3か月の孫君、最近歩けるようになって目が離せません。階段昇降が今一番のお気に入り、もちろん大人がしっかりガードしてですが。
その次男のところに第2子を授かったと聞かされて大喜びをした2週間後の昨日、残念なお知らせ、可愛い天使さんが天の国に召されてしまいました。
2か月半ほどの短過ぎる命でした。
でもね、この子が大きく成長してモニターで姿を確認できるようになってからだったり、さらに、生まれてお乳を飲ませ、おしめを替え、泣き止まない子をあやし・・・そうなってから召されたら、悲しみは計り知れないと思う。
そう考えると、神様の恵み、仏様の慈悲かもしれない。

遠い昔を思い出した・・・
私は2男、1女をもうけたが、第1子誕生は結婚から4年後、
当時子供がほしくてほしくて・・・でも、3度流産した。お腹の大きな妊婦さんを見るのが何より辛かった。
でも3年経って、私のお腹に長男を授かった(当時は性別は分からなかったけどね)、
でも、3か月を過ぎたころ、出血してきて、慌てて主治医のもとへ、即入院、10日間ベッド上で点滴、どうやら落ち着いたようで、退院。
退院後は大事に大事に生活した、そのせいで体重増え過ぎ、予定日になっても生まれる気配なし、で、結局、帝王切開で出産、可愛かった!愛しかった!この子の為なら何でも出来ると思った。決して大げさではない!
第2子次男は年子、それも1年も違わず、4月生まれだったため、下手したら双子でもないのに同じ学年?なんて心配もしたほど。
次男は、妊娠中も出産時も(帝王切開だけれども)、元気印の子供だった。大きな目が人を惹きつけるかわいい子!
その後は、避妊もすることなく子供に恵まれなかったが6年後に女児を授かる。この子を身籠った8か月の頃、夫を残して長男の4月の入学に合わせて、一人で引越しをした。
入学の手続き、次男の幼稚園探しとその手続き、転居先で産科へ通院したときには妊娠中毒症がひどく即入院、母の家事、子育ての援助を受けて、長女を出産。
どの子にも皆物語がある。生まれてきた子に感動と愛しさを授かった。

人の一生、喜びも一杯あるけれど、喜びの何倍も悲しみや辛さがあるように思う、私だけかな・・・?
でも悲しみや辛さが大きいほど、喜びを増幅させるから、採算がとれてるのかなぁ~

次男夫婦のもとに使わされた天使は、きっと行く先を間違えたあわてんぼうの天使さんだったのね!きっともう少し天の国で遊んでから、やって来るんだと私は思うの。



       去年の球根そのままにしていた鉢から芽が出てこんなきれいな花を咲かせたクロッカス
d0354191_10474377.jpg






# by bluebird-redbird | 2017-03-01 10:53 | 60代シニア日記 | Comments(0)

タイトル『脚下照顧』について

脚下(足元を)照顧(照らし顧みる)って言葉に初めて出会ったのは、確か山本周五郎の「モミの木は残った」を読んだ時だったと思う。
NHKの大河をきっかけに読んだのだけれど、その中に出てきて心に掛かった言葉が「脚下照顧」高校2年の頃だった。
何でも新しもの好きの私は、高校の卒業アルバムの寄せ書きに書いた気がする。
含蓄があって、シンプルで、インパクトのある言葉だと思って選んだのだけれど、仲間たちからは「なにこれ?」的な評価しか受けなかったことを覚えている。アハハ・・・

もともと禅の言葉で、他人の批判をしたり、周囲の事をとやかく言う前に、自分の過去の言動を見つめ 直してよく考えるべきであるという意味なのだけど、私は17歳で知ったその言葉をいまだに全く実践できないでいる、情けないなぁ~

いつだったか、だいぶ前の事、料理屋さんのトイレで、男便器の前に「脚下照顧」の張り紙がしてあった。お~~~なるほど、綺麗に使おうね!ってことだよね。
これは使えるって考えて、その後、我が家の玄関の片隅に「脚下照顧」の張り紙をしてみたが、当時中高生だった子供たちの脱ぎ捨てた靴の散乱ぶりは相変わらずだったんだ。

冗談はさておき、私も終活の年齢に差し掛かり、我が足元を見つめなおしてみたい、
少しづつ人生の総括しなきゃかなぁ~と思って、久しぶりにブログを始めてみようと思った。

書きたい気持ちが溢れる時もあれば、ボーっとしてる日もある、気儘な日々だから、日記のようになることのほうが多いかもしれない。
それでも目に留まって読んでくださる方がいらしたら、一期一会の縁となるか、短期のお付き合いとなるか、それとも長いお付き合いの縁となるか、神のみぞ知るところかな・・・
どうぞよろしくお願いします。

d0354191_20234369.jpg
庭のクリスマスローズが咲いたよ!






# by bluebird-redbird | 2017-02-28 20:38 | 雑記 | Comments(0)

日々の日記のようなものと64年生きてきた人生の振り返りのようなもの byゆかぷー


by ゆかぷー
プロフィールを見る
画像一覧