遠藤周作の「沈黙」に思う事

マーティン・スコセッシ監督の「沈黙」を観てきました。2度目です。
遠藤周作の「沈黙」は中学の頃から何回か読み返しました。後年、篠田正浩監督の映画「沈黙」もTVで観ました。
今回はアメリカで製作された「沈黙 サイレンス」が、神の沈黙という問いかけにどういう答えを提示してくれるかという事に興味深々と言った心境だったのです。

神はなぜ沈黙を続けるのでしょう・・・あなたのために阿鼻叫喚の苦しみを味わっている信者をあなたはなぜ助けないのですか? 神はいないんじゃないの? キリスト教は信じるに足るの?
でも、それなら、なぜクリスチャンである遠藤周作が、こんな小説を書くの?
識者という方々から見ると、実に幼稚な疑問かもしれないけれど、私はずっとこの疑問を胸に抱き続けてきました。

あらすじを映画のパンフから抜粋ーーーーー
『舞台は17世紀、江戸初期の長崎。幕府による激しいキリシタン弾圧下で、捕らえられて棄教したとされる宣教師フェレイラの消息をたどるべく、弟子の若きポルトガル人司祭2人が危険を冒して日本に潜入する。そこで目にしたのは、隠れキリシタンに対する想像を絶する仕打ちや拷問だった。司祭の1人ロドリゴは、これほど多くの殉教者の血が流れているのに、それをただ見つめているだけの神の存在に、次第に疑問を抱くようになる。そして、長崎奉行の井上筑後守が語りかける「棄教すれば、信者を助けられる」という言葉に、固い信仰心が揺らいでいく…。』

宣教師フェレイラも棄教していたし、ロドリゴも棄教するのです。


d0354191_22071563.jpg

相変わらず、私には分かりませんでした。神の沈黙をどう捉えるのか、神は残酷、無慈悲ではないか?

私は小学校から高校までカトリックの学校で教育を受けました。キリスト教の勉強もカリキュラムにありました。
尊敬する神父様やシスター方もたくさんいらっしゃいます。なのに、キリスト教の信仰を素直に受け入れられない原点が、この「神の沈黙」という問いかけだろうと思います。

殉教する意味はあるのか、踏み絵は踏めばいい、十字架もマリア像も持たなくていい、自らの心の内にだけ信仰をもてばいい、決して声を出さずの祈りをささげればいい、
神はなぜ、漁師や農民達、貧しき信徒の心にそうした考えを与え、実行させなかったのか、
それが神の声であり、神の導きではないのか・・・
私はそう思った。
日本に、キリスト教の迫害の歴史、悲惨な歴史がなかったとしても、やがて信仰の自由が
えられただろうに・・・

初めて小説「沈黙」を読んだ時から、今回の映画を観ても、相も変らぬ私の疑問、
自分は弱いと悩みながらも、結局神を裏切り、迫害を逃れてきたキチジロウこそが、本来の人間の姿であろうし、誰も非難できないと私は思った。

つい最近、カトリック神父故粕谷甲一氏のこんな文章を見つけましたーーーーーー


『貧しい農民や漁民たちに、「信仰を守り抜く。神の愛を証する」という不動の信念があったとは思われません。彼らは、自分の弱さを知って、父である神に助けを求めただけなのです。そのとき、彼らの体に、雲仙地獄での拷問や穴吊るしの責め苦さえ乗り越えさせるほどの力が宿りました。おそらく、彼らは自分自身でも、自分に拷問を耐えぬく力があるとは思っていなかったでしょう。彼らは信念の強さによって殉教したのではなく、弱さのゆえに殉教の恵みを与えられたのです。
逆に、たくさん勉強して日本に送り込まれた信仰のエリートであり、自分の信仰に自信を持ってさえいた神父たちの中に転んだ人たちがいました。そのことは、殉教が人間の力によって成し遂げられものではないことを示しています。「信仰が強いから殉教した、信仰が弱いから転んだ」ということではないのです。信仰は、彼らの力ではないからです。殉教者たちが偉大なのは、自分の弱さを神の手に委ねたということに尽きます。弱さを信念の力で乗り越えようとした人は転び、弱さを神の手に委ねた人は神の力によって殉教の恵みを与えられた。そういうことでしょう。』

ちょっと衝撃でした、それでも、私にはすべてを理解できないのだけれども、もっともっと視野を広げて考えなければいけないんだと気づかされる一文でした。

また、何か考えが変わった時に続きを書くかもしれませんm(__)m



にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
# by bluebird-redbird | 2017-03-05 09:52 | 雑記 | Comments(0)

64歳になりましたぁ~

       サンシュユ(山茱萸)ミズキ科の花で、秋には赤い実をつけヤマグミとも呼ばれる
d0354191_09484584.jpg

白やピンクの梅園の中にひときわ目を引く黄色の花、サンシュユという。
冬の間の茶色い硬い蕾から春の気配を感じるとまるで弾ける様に黄色の花が顔を見せる。
まるでびっくり箱の中から飛び出した人形たちのように私には見える。
元気を絵にかいたような花だと私は思う。

こちら関東は3月に入って急に春めいてきました、冬の間中蓄えられた命のエネルギーが爆発しているようですね!

64歳初の朝を迎えました。
年金を頂けるまで、後1年であります。といっても、国民年金がほとんどの私ですから
お小遣い程度のような額だそうです。(;O;)

私の祖母は、私が高3の時に62歳で亡くなりました。おばあちゃん子だった私は、寝るのも、お風呂に入るのも、ご飯を食べるのも、母より祖母と一緒のことが多かったほどです。
今でも祖母のことよく思い出します。
釜底のおこげに醤油を入れて、おにぎりにしてくれたこと、それが美味しかった!
他にも折に触れて思い出すことが多いのですけれど、その時の祖母は「お婆さん」に相応しい様相でした。髪型も、着るものも年よりって感じでした。当時は芸能人とか特別な人を除いて皆そんな感じだったように思うけど。

私の母は13年前に72歳で急死したのだけれど、私と違ってお洒落だった母は、「お婆さん」的な外見はなかったし、20歳違いの私といるとよく姉妹に間違われました!(母は喜び、私はがっくり)

人生50年と言われていた時代から、今では平均寿命が男女ともに80代時代、
老年、高齢者という概念が年齢だけで、一括りに出来ない時代になったと思う。

私の好きな女優さん、現役バリバリなのに、年齢知ると驚いてしまいます。
例えば、草笛光子83歳、八千草薫86歳、浅丘ルリ子77歳、加賀まりこ74歳
吉永小百合だって71歳だよ!

私もこうありたい、外見の美しさでは無理の無理、無理だけれど、せめて生きる姿勢だけは若々しくありたい、どんな小さなことでも情熱を、夢を、忘れたくない!!

64歳になっての抱負です、というより、負け犬の遠吠えかな・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ



にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
# by bluebird-redbird | 2017-03-04 10:50 | 60代シニア日記 | Comments(2)

桃の節句に

今日は桃の節句、ひなまつりです。
昨日のシトシト雨も上がり、今日はなんとも爽やかな3月の青空です。
天気が良いと心も弾みますよね!

1週間ほど前から久しぶりにお雛様を出そうかな・・・  せめてお内裏様と奥方様だけでもと思った(悩んだ)のだけれど、屋根裏収納庫から出すだけでも大変だし、それに何より、今は一人暮らしだし、
週末には都内の家に移動することになっているから、すぐにかたずけなければならないし(ずっと飾っておくと娘の婚期が遅れるっていいますよねぇ~)…等と考え、結局出さなかったのです。
何でも面倒になるところが、歳とった証かな…? いけないと思うのだけれど、ついね(*_*;
ひな人形の替りでもないけれど、子供の頃を思い出して懐かしい「うれしいひなまつり」聴きながら、読んでいただけたらと思いまして貼ってみました。


後はおまけなのですが、今日は私の誕生日でもあります。でも、今日は一人です。
どう過ごそうかな?

お昼頃になったら、とんかつ屋さんに行き、「厚切りヒレカツ定食」を食べます。
そのとんかつ屋さんは、毎年、誕生日におめでとう葉書をくれて、それを持参すると10%オフで食べられて、帰りにプレゼント(ささやかだけどね!)くれるの。
一人外食はちょっと嫌だけど、思い切って行ってきます。

その後は、母が遺してくれた石和のリゾートマンションで温泉にゆっくり入ります。

そして家に戻り、昨日思い切って買ったウニ(生)でウニ丼作って食べます。
ケーキは無しでいいなぁ~

以上が私が計画したひとり誕生日の過ごし方、ちょっと味気ない? 
でも、そんなこと思わず幸せ感を実感しましょう!



お祝のお花やプレゼント、息子や娘たちがそれぞれで送ってくれました。
チューリップやフリージア、私大好きなんです、嬉しい!
d0354191_09300368.jpg

普段は優しい事、一言も言わないのに、私の誕生日覚えていてくれて、プレゼント送ってくれる、その気持ちとっても嬉しいです!
d0354191_09302426.jpg



お祝いにふさわしく、先日撮った本栖湖からの富士山貼ります。
これは1000円札の裏の富士山と同じ場所からです。比べてみてください!
d0354191_09430536.jpg




にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
# by bluebird-redbird | 2017-03-03 10:36 | 60代シニア日記 | Comments(2)

日々の日記のようなものと64年生きてきた人生の振り返りのようなもの byゆかぷー


by ゆかぷー
プロフィールを見る
画像一覧